2013年02月08日

クレジットカードの支払い方法を使い分けるとポイントが面白いように貯まる

クレジットカードの支払い方法は、一括払い、分割払いに分けられます。

この支払方法を使い分けると、ポイントがよく貯まるようになります。

一括払い

利用した金額を一括で支払う、クレジットカード決済でもっともポピュラーな支払い方法です。
利用金額をクレジットカード発行会社が指定している支払期日までに所定の方法で支払いを行います。

ボーナス一括払い

主にサラリーマンのボーナス取得が完了している8月(夏のボーナス)、1月(冬のボーナス)に支払い処理を行います。
クレジットカード利用時に銀行口座にも所持金が少なく、ボーナス収入が見込めるときに利用すると便利です。日本独自の支払い方法です。

分割払い

クレジットカード利用額を分割して支払う方法です。
いわゆるローンにあたります。よって、手数料(金利)が発生します。
3回〜36回程度まで分割することが出来ます。
加盟店によっては2回払いは手数料無料の店舗もあり、逆に一括払いのみの店舗もあります。

ボーナス一括払い同様日本独自の支払い方法です。

リボルビング払い

支払い総額や支払い件数によらず毎月一定の金額を支払う分割払いの一種で、「リボ払い」と略されます。
海外では一般的な支払い方法となっています。
いくつかの支払い方法があり、理解せずに利用すると余計な手数料を多く払ってしまう可能性があるため、しっかりと確認しましょう。
このリボ払いだと、ポイントが2倍になるなど、利点も多いです。

定額リボルビング払い

残金や手数料によらず毎月指定した金額を返済する方法です。


定率リボルビング払い

残高に一定率の割合に応じた金額を返済する方法です。


フレックス払い

毎月最低支払額を指定し、それを上回る金額であれば自由に返済を行える支払い方法。Jiyu!da!カードの「よゆう払い」や、三井住友VISAカードの「マイペイすリボ」などのカードで採用されています。

リボルビング払いの一種のため手数料は発生しますが、利用者が支払えるタイミングで支払いたい額だけ支払えるシステムが人気のようです。



posted by クレジットカード申し込み太郎 at 00:07| Comment(0) | クレジットカード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月01日

クレジットカード現金化の罠

近年社会問題化しつつあるクレジットカードの現金化。

よく分からない人も多いので、クレジットカード現金化の内容を説明しよう。

クレジットカード現金化とは、クレジットカードのショッピング枠で、掲載頂いている各現金化業者が用意しているキャッシュバック付商品をお買い求めいただき、ご購入額に対して各現金化業者よりお客様の口座に現金をキャッシュバック(お振込)するというシステム。


クレジットカードのショッピング枠を利用するので、キャッシングの年利よりも低金利でご利用できる上、無利息の一括払い、分割払い、リボ払いなどがご利用できる。

しかもお客様のカードのお預かり・買い取りといったような事もなく、難しい手続き等も無いので、日本国内でご利用可能なクレジットカードをお持ちであれば、誰でも簡単に利用できる、お手軽かつ大変便利な金融サービスということになる。



しかし、クレジットカード現金化には様々なトラブルが存在する。
現金化トラブルにおいては、カード会社は協力してくれないため(規約違反で取り上げられるだけなので)、解決するために交渉する相手は現金化業者と販売店の2箇所になる。

販売店は、現物があればキャンセルに応じると言うかもしれないが、おそらく「未使用の状態であれば」という但し書きが付くと思われる。

現金化業者はモノを転売していることが多いため、販売店の言うようなキャンセルが実際にできる可能性は低く、泣き寝入りするしかない人も多いとか。

なのでクレジットカードの現金化はオススメできない。


posted by クレジットカード申し込み太郎 at 00:07| Comment(0) | クレジットカード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月01日

ゴールドカードを持ちたい人が失敗しないクレジットカード発行の審査基準とは?

クレジットカードの発行にはクレジットカード発行会社の審査が行われその審査にパスしなければクレジットカードが発行されません。


これは申込者がクレジットカードを利用した際、支払い能力があるかどうかを適切に審査するためです。
(支払い能力のない申込者にカードを発行すると、カード会社の損失となります)


審査基準は各クレジットカード発行会社によってことなりますが、

 申込者の属性
 申込者の個人信用情報

を中心に基準を満たしているかどうかを審査します。


●申込者の属性の審査

年齢、職業、年収など、申込者の申込み時点での社会的地位のことです。
(ゴールドカードの場合は年収500万円以上と言われています)

基本的には各クレジットカードに申込み対象者が記されていますので、その対象となる条件を満たしていれば申込者属性の審査をパスします。


●申込者の個人信用情報の審査

審査に非常に大きな影響を与える情報です。
審査基準は各クレジットカード発行会社によって異なりますが、確認する項目はどの会社もほとんど同じですので、個人信用情報でチェックされるポイントを解説します。

支払遅延や代弁返済の記録

本人の都合による支払いの遅延や第3者が代わりに支払った場合に記録されます。
1ヶ月〜2ヶ月で2回以上あると審査の際にチェックされます。
(返済忘れなど場合はすぐに支払いをした場合は記録されません)


事故記録

3ヶ月以上の長期にわたる支払遅延や、1ヶ月2ヶ月でも支払遅延を数回繰り返した場合、債務整理(自己破産など)を行った場合に記録されます。
事故記録が付くとまず審査に通りません。


3ヶ月程度以内の複数社申込み記録

クレジットカードを申し込んだ際、その申込み記録が信用情報機関に登録されます。
これが短期間に複数回記録されると新繰りに苦しい、借り逃げの恐れがある、と判断され審査に通りにくいとされています。
申し込み記録は通常数ヶ月(信用情報機関によって異なる)で抹消されます。



posted by クレジットカード申し込み太郎 at 00:07| Comment(0) | クレジットカード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月17日

審査のゆるいクレジットカード

審査のゆるいクレジットカードとは?

どんなカードでもよければイオンやガソリンスタンドのカードが良いでしょうが

できれば、その後のことも考えて

マイルやポイントがよく溜まるクレジットカードがおすすめです。

入会の特典なんかも見逃せませんね。

JALカードでは、入会の特典で9000マイルももらえます。


はじめから9000マイルですよ。凄くないですか!?

あと少しだけカードを使ったら、国内の航空券と交換できます。

ただで、北海道でも沖縄でもすぐに行けますね。

ちなみに今はキャンペーン中なので、審査がゆるいです(笑)

JALカードおすすめですよ。







posted by クレジットカード申し込み太郎 at 10:57| Comment(0) | TrackBack(0) | クレジットカード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月19日

マイルが溜まるクレジットカード

マイルが溜まるクレジットカードですが、

現在はANAよりもJALの方がおすすめです。


審査が厳しいと思われがちなクレジットカードですが

JALカードの入会は比較的ゆるいです(笑)

CLUB−Aぐらいなら誰でも手に入れれるでしょう。

今なら9000マイルがもらえます。お得ですね。


ぜひ、JALカードを持って

マイルを貯めまくって下さいわーい(嬉しい顔)

こちらからどうぞ↓



ラベル:マイル
posted by クレジットカード申し込み太郎 at 23:16| Comment(0) | TrackBack(0) | クレジットカード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。